2015年12月31日木曜日

12/30甲府兜岩 その2

【期間】   2015年12月30日(水)
【形態】   フリークライミング
【山域】   甲府
【ルート】  兜岩
【メンバー】 堀口、細川、吉岡(記)、山本

12/27に続き暖かい兜岩で楽しんで来ました。
フリークライミングの経験が少ない山本さんには少し厳しかったと思いますが、今後に期待します。
 
【登った課題】
 甲府城エリア2階、
  のりピー 5.9   堀口、吉岡、山本
  MY SONS 5.10c 吉岡、堀口、山本
  祝開店 5.11d   細川RP 宿題を片付けました
 甲府城エリア1階
  ラ・メント 5.10d/11a 細川、吉岡、堀口

12/27の祝開店終了点下

12/27甲府兜岩 その1

【期間】   2015年12月27日(日)
【形態】   フリークライミング
【山域】   甲府
【ルート】  兜岩
【メンバー】 堀口、細川、吉岡(記)、岡田

スキー場の雪不足で今シーズンのスキーは出遅れている。その代りという事で甲府の兜岩に行ってきた。陽当たりが良くポカポカした中でクライミングが出来た。
 
【登った課題】
 甲府城エリア2階、
  
MY SONS 5.10c 細川、吉岡Tr、堀口、岡田
  はじめトップロープで登ったが、腕がパンプしてしまった。
              2回目で吉、堀 RP




祝開店 5.11d   細川、吉岡

細川ムーブ確認ヌンチャク掛け、その後トップロープで登らせてもらった。
ワンムーブ毎にテンションをかけやっとトップアウトできた。
このグレードに触ったのはお初。
細川さん宿題


のりピー 5.9    岡田、堀口、吉岡、細川
              終了点手前が細かく悪い。



















 甲府城エリア3階
  カワトワトブカ 5.10b/c 堀口 
              ハッピーバースデイにトップロープをセット
  ハッピーバースデイTO幸大 5.11a 堀口、吉岡
              初めから細かいスタンスとホールドが続きテン山

2015年12月21日月曜日

ジョーゴ沢

【期間】   2015年12月20日(日)
【形態】   アイス
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  ジョーゴ沢
【メンバー】 平石(記)、目、ゲスト1

四十路3名で忘年会とジョーゴ沢。
道の駅こぶちさわ、トイレの工事が終わっていてさらに快適。
旨酒とともに今年を振り返り寝る時間より飲んでる時間が長かった前夜。


2015年12月16日水曜日

裏同心ルンゼ

【期間】   20151213日(日)
【形態】   アイス
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  裏同心ルンゼ
【メンバー】 堀口(記)、岡田、山本

12/12(日)22:30八王子で落ち合い、一路美濃戸へ。

久々の美濃戸バス停の風景は変わっていました。バス停の道反対に新たな綺麗なレストランが建っていました。そして、いつもの2階の仮眠所は、雑魚寝ではなくなり、2段ベッドが7~8個並んでいてある程度プライベート空間が保たれるようになっていました。プチ驚きでした。

2015年12月9日水曜日

12/5 城ケ崎ファミリー

【日程】2015年12月05日(土)
【形態】岩トレ
【山域】伊豆城ケ崎
【ルート】ファミリー
【メンバー】、吉岡(記)、岡田

 期待通りに暖かいなかでのクライミングとなった。
伊豆は帰りの渋滞がひどいので、電車で出かける。下北沢5:53→8:38伊豆高原 2,160円也。

【登った課題】

ベビークラック 5.8 NP
シスタークラック 5.9 NP
Jフェイス 5.9 NP
サム・クラック 5.9 NP
チーちゃんがんばれ 5.10c Tr
 吉、オカ共核心がクリアーできず敗退
ファザー・クラック 5.10b NP
 15:30頃終わる頃には暗くなるかな~と思いながら最終便を出す。最後のクラックにキャメ#4を決め左から右のリップをとりに行くが、力尽きて保持が出来ない。繰り返しトライするも出来ず敗退。

最後は暗くなりヘッドランプを付けてシスタークラック横を登り懸垂でカムの回収に行ったが、何回もブル下がったためかキャメ#4が回収できなくなって残置する。






12/6(日)☀
残してきたカムの事が気になり眠れぬ夜を過ごす。早朝妻に同行してもらって車で伊豆に向かう。既に何パーティーか登り始めて、ファザー・クラックにもトップロープが下がっていた。トップロープの支点を借りて懸垂し、カムの回収にかかる。押しても引いても動かないカムに諦めかけたが、最後にナッツキーでカムの頭を丹念にたたいていたらカムが動きだし回収に成功する。

この回収作業で翌日ぎっくり腰になり、のど風邪と合わせ寝込んでしまった。

オソマツ!!

2015年12月1日火曜日

三つ峠


【日程】2015年11月29日(日)
【形態】岩トレ
【山域】三つ峠
【ルート】屏風岩
【メンバー】、吉岡(記)、岡田

 八王子で待ち合わせ、裏三つ峠登山口からしばらく登った堰堤に車を止めて8:40に出発する。登山道には大きな霜柱が立ち、冷え込んでいた。四季楽園着9:20。岩場には多くの団体さんが既に登り始めていた。

岩場下で練習している人たちは、アイゼンとバイルを持って冬山のトレーニングをしている人がほとんどだった。

【登ったルート】
 中央カンテ;1p吉岡 2段目のテラスまで
         2p岡田 核心のクラックを越える
         3p吉岡 終了点まで
  この後懸垂で下りたが、ロープがクラックに挟まり、仕
  方なく登りかえす。中央カンテから右のV字ロック側の
  ルンゼ状を登る。

 亀ルート;1p 岡田 濡れた凹角からフレークを越す。
       2p 吉岡 滑り台から急なリッジを左に回り込
          み八寸バンドをトラバースする。
   上部を割愛して懸垂で下りたが、下で絡まっていた
   ロープが懸垂器具に食い込んで固定されてしまう。
   プルージックでセルフをとりはずそうとしたが、4~50
   分かかってしまう。岡田さんには上のテラスで寒い思
   いをさせてしまった。

3時頃基部の登山道に着いたが、寒さに我慢できず下山を決める。

2015年11月29日日曜日

八ヶ岳偵察

【日程】 2015年11月29日(日)
【形態】 偵察
【山域】 八ヶ岳
【ルート】 南沢・赤岳・裏同心
【メンバー】 平石(記)

稲子岳南壁から1ヶ月以上歩いてない。。
土日は泳いでばかりなので
暖冬でまだシーズンでない結氷状態の偵察と歩きトレを兼ねて八ヶ岳へ。
美濃戸までの林道(車道)は夏状態。
美濃戸から行者小屋までの南沢は90%夏道

文三郎尾根は初雪の感じでアイゼンが雪に隠れている岩を拾って歩きにくい。
地蔵尾根はさらに歩きにくい。
積雪は多いところで30~40CMくらい?。でした。


南沢小滝

南沢大滝

裏同心F1、登れます。上のほうはわかりません。

キャンディ?昼の気温0度

大同心?鼻水級
 赤岳も行ったんです。


クライマーはまだ中途半端な時期?なためとても少ない。
主稜は1Pのみ。

多いのは以下のアルピニスト。

文三郎登りでストックと6本爪アイゼンでずるずる滑りながら
へっぴり腰下山スタイルの危ない2名とすれちがう。
なぜかメットがザックに。。
階段のところを降りてくるのをまっていたので、遅くてすみませんとへらへらと言われて苦笑い。
だって、ちょーーーー遅かったよ。

そして頂上は。。
ヘルメット被ってカラビナとスリング持っていれば
安全?みたいな男女グループ。
そういう輩に限って挨拶だけは立派。マナー最高!

地蔵尾根を下山時には中国人2名がストックとノーアイゼンで鉄パイプを頼りに
ずるずる滑りながら登ってくるので、超~上から目線で注意しました。
ほぼUターンしろという感じで。。
ピッケルとアイゼン爆買いして下さいとは言いませんでしたが。

諸々、最近のチャライ登山雑誌の影響でしょうかねぇ。。

自分がお節介で嫌味なおじさんになったなぁと思った一日でした。
あっ、左足首と両膝の状態が悪いのでどうしたものかと。。8時間が限界。
腰も痛いし!渋滞も長いし!

以上でございます。

2015年11月25日水曜日

カーネル・ロック

【日程】 2015年11月22日(日)
【形態】 岩トレ
【山域】 奥多摩
【ルート】 カーネル・ロック
【メンバー】 吉岡(記)、岡田

土曜は雪標祭、日付が変わった頃多分寝たらしい。頭がボーとしている中、セルフレスキューの再確認、二分の一と3分の1を練習する。

 解散の後、青梅にあるカーネルロックで岩登り。始めての場所なので細川さんに案内してもらう。教会の庭に駐車して、500円也の寄付をして岩場へ行く。

 下の岩場に5本、上の岩場に2本のルートがある。高さは、10m弱。

【登ったルート】
 下の岩場
   名前? 5.9 オカチャンリード、私
   名前? 5.10a オカチャンリードするも核心でテンション、私
   名前? 5.11a 私マスターでオンサイト、オカちゃんはハングにブルさがれず。
   名前? 5.10a オカちゃん RPを狙うが1回目と同じところでテンション

今回他に2名パーティーがいただけでストレスなく登れたが、それ以上になると待ち時間が多くなりそう。
写真はありません

2015年11月4日水曜日

三つ峠

【日程】2015年11月03日(火)
【形態】岩トレ
【山域】三つ峠
【ルート】屏風岩
【メンバー】堀口、吉岡(記)、岡田、山本

 中央高速では所々で霧が出て、昨日の雨もあるので岩場の状態が心配になったが、岩は乾き、天気は良く絶好の日和となった。おまけに紅葉も真っ盛り!いう事なしのクライミング日和に恵まれた。
裏三つ峠登山口 8:50→9:50 四季楽園

昨日雨が富士山山頂近くでは雪になり、雪化粧



【今日登ったルート】

吉岡、山本パーティー
①一般ルート左→クーロアール→易しい登りを経て山頂直下のテラス
②リーダーピッチ
③観音ルート

堀口、岡田パーティー
①一般ルート左の5番→第一クラック→権兵衛チムニー
②地蔵ルート左

平標山周辺、撮影山行 2015/11

【期間】 2015年11月3日(火)~4日(水)
【形態】 縦走・ハイキング
【山域】 平標山周辺
【ルート】 平標山の家BH 平標山周辺
【メンバー】 恩田(記)

今年5回目の平標行となりました。3日に降雪があって4日は晴天という目論みだったのですが、残念ながら3日はピークまで雨でした。



2015年11月1日日曜日

2015年10月26日月曜日

稲子岳南壁左カンテ

【日程】2015年10月25日(日)
【形態】マルチピッチ
【山域】八ヶ岳
【ルート】稲子岳南壁左カンテ
【メンバー】平石(記)、目

北八ヶ岳へ
ハイクとクライミングといった計画でお気楽気分で行ってきました。
ミドリ池から稲子岳南壁

2015年10月25日日曜日

武尊山



【日程】2015年10月18日(日)
【形態】ハイキング
【山域】上州
【ルート】前武尊~武尊山~武尊牧場
【メンバー】牧野他3名

武尊山はどのコースも登山口までバスがなく交通の便が悪い。車で行く場合はもとに戻らねばならないので下山に他のコースをとりにくい。ネットでたまたま登山口送迎付きの花咲村のペンションを見つけたので、オグナほたかスキー場から武尊山~武尊牧場のコースで行くことにした。
前日1530沼田駅から迎えの車に乗り、ペンション泊。
18日 オグナほたかスキー場のゲートから契約車のみ入れる道をスキー場上部の御沢の水場まで車で送ってもらう。おかげで時間短縮、スキー場を少し登ったところで天狗尾根にでた。前武尊~剣ヶ峰~家ノ串~中ノ岳へ。岩稜まじりのぬかるんだ道で歩きにくいが紅葉はきれい。お天気は上場。日差しが強く暑いくらいだった。
武尊山 中ノ岳

だんだん人が多くなり武尊山山頂は満員だった。まわりは尾瀬~皇海山~浅間山ぐるりとよく見える。中ノ岳分岐まで戻り、武尊牧場へと下る。2ヶ所クサリ場を過ぎ、避難小屋で打ち合わせどおりペンションに電話をして、白樺と紅葉の中を牧場まで下る。
 

武尊牧場

牧場で迎えの車に乗り、花咲の湯に寄ってもらい、沼田駅まで送ってもらった。


2015年10月24日土曜日

米子沢




【日程】2015年10月18日(日)         
【形態】沢
【山域】魚野川水系登川
【ルート】米子沢
【メンバー】山本(CL)、岡田(記)

前夜発
道の駅で仮眠
・トイレは最新式(デパートのよう)
・水道はぬるま湯がでる


5:00起床   
5:30出発 
6:30駐車場出発
10:30遡行終了
11:15避難小屋から下山開始
12:40駐車場到着



2015年10月21日水曜日

甲府幕岩

【期間】 2015年10月20日(火)
【形態】 フリークライミング
【山域】 甲府
【ルート】 メルヘンランド、森の散歩道
【メンバー】 堀口、細川、吉岡(記)

 先週に続き天気の良い甲府幕岩に行って来ました。
黄葉が進んでいました。来週にはイエロ―マウンテンが見られることでしょう。

HIVE


登ったルート;
HIVE 5.10a 吉岡、細川、堀口
アコナ 5.10a 堀口、吉岡
WILD WOOD 5.10c 細川、堀口、吉岡
メイプルの涙 5.10c 堀口、吉岡
GATE 5.10b/c 細川、堀口、吉岡
つぎいってみよー 5.11b 細川、吉岡(TR)


アコナ
WILDWOOD



つぎいってみよー



GATE

2015年10月17日土曜日

甲府幕岩

【期間】 2015年10月15日(木)
【形態】 フリークライミング
【山域】 甲府
【ルート】 豊穣の森、メルヘンランド
【メンバー】 堀口、細川、吉岡(記)

 甲府幕岩で平日の静かなクライミングを楽しんできました。
観音峠からの道が現在通行止になっているので、小森川林道からのアプローチになります。
天気良し、紅葉にはまだ早くイエローマウンテンにはなっていませんでした。

アイソメトリクス

【ルート】
ナベちゃん      5.8 細川 堀口 吉岡
イエローマウンテン 5.9 堀口 吉岡
わささび       10b 堀口
アイソメトリックス 10c 細川 吉岡
コジマン       11a 堀口取付き敗退
動物がいっぱい  10b 細川 吉岡
木の実がいっぱい 10c 堀口 細川 吉岡
秘密の岩園     10c 堀口 吉岡
HIVE         10a 細川 吉岡

木の実がいっぱい

秘密の岩園
HIVE




2015年10月14日水曜日

雨飾山

【期間】 2015年10月14日(水)
【形態】 縦走・ハイキング
【山域】 雨飾山
【ルート】 雨飾高原キャンプ場→←雨飾山
【メンバー】 吉岡、牧野、恩田(記)

Yさん、Mさんに誘われ、長野県小谷村と新潟県糸魚川との県境にある雨飾山に行ってきました。好天に恵まれましたが、そのためか、休日でもないのに多くの登山者が入ってました。

荒菅沢から


2015年10月7日水曜日

阿寺山から八海山

【期間】 2015年10月06日(火)
【形態】 ハイキング
【山域】 越後
【ルート】 阿寺山から八海山
【メンバー】 吉岡(記)

「タイム」
八海山スキー場P 6:00~7:15龍神碑水場~9:42阿寺山~10:08神生の池~10:40五竜岳~11:36入道岳~12:00大日岳~12:50不動岳13:10~13:29薬師岳~14:20スキー場ゴンドラtop14:40~14:54スキー場P

 阿寺山は雪のある時期に何度か来たが、記録を見ている時に紅葉の時期、八海山まで縦走しているのを知り今回の計画を立てた。

 八海山スキー場駐車場下に車を止め出発する。しばらく来た道を戻って、スキーに来た時車を止めた広堀橋を通過、堰堤の続く工事用道路を登る。
 立ち入り禁止;東邦亜鉛の看板にオドロオドロシイ雰囲気を感じながら進むと、道のわきにコンクリートでできた水路用のトンネルが有ったり、採鉱用のトンネルが口を開けていたりと暗い雰囲気が漂う。

2015年10月5日月曜日

浅草岳

【期間】 2015年10月04日(日)
【形態】 ハイキング
【山域】 越後
【ルート】 ネズモチ平登山口→前岳→浅草岳
      →前岳→桜曽根→桜ゾネ広場→ネズモチ平登山口
【メンバー】 平石(記)、他1名

前夜発、道の駅いりひろせで宴会&仮眠。
夜はザーザーぶりの雨で。。朝浸水。

道の駅から登山口までは1時間くらい車を進める。
トイレ有りのデカイ駐車場でした。

車はチラホラ。
ネズモチ平からが最短ルートですが
急登りのみで、あっという間に前岳、浅草岳。

上部は草原が草紅葉となっていた。
生憎のガスでしたが紅葉は見ごろを迎えて来ていました。

帰りは桜曽根という緩やかな尾根道を下山。

ぶなの木に育つキノコがおいしそうでしたが
採っていいのは地元の組合員だけです。


ゆっくりぐるっと回って5時間程度のちょうど良い疲労感でした。





2015年9月29日火曜日

八久和川(敗退)

【期間】   2015919日(土)~920日(日)
【形態】   沢登り
【山域】   朝日連峰
【ルート】  八久和川
【メンバー】 山本(記)、他1名

9/19
7:40泡滝ダムー8:15皿淵沢出合ー11:20コル(1015m)ー16:30八久和川出合

前日からの雨の予報であったが降水量が少なかったようだし、なかなか行けるところではないので予定変更せずに出発。
泡滝ダムに到着すると雨が降ったり止んだり…
雨が止んだ時をねらって出発する。

歩く事数分で立派な虹が!


平標山周辺、撮影山行 2015/09

【期間】 2015年9月28日(月)~29日(火)
【形態】 縦走・ハイキング
【山域】 平標山周辺
【ルート】 平標山の家BH 平標坪庭、松手山、平標新道上部周辺
【メンバー】 恩田(記)

今年4回目の平標に行ってきました。ねらいは、松手山周辺と平標新道からみる西ゼンの紅葉です。天気も紅葉も「まあまあ」という感じでした。
平標新道から西ゼン

2015年9月26日土曜日

一ノ倉沢 南稜







一ノ倉沢


【日程】2015年9月21日(月)
【形態】アルパインクライミング
【山域】谷川連峰 
【ルート】一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜
【メンバー】堀口(記)、岡田



一ノ倉リベンジ編です。
今回は珍しく抜群の好天気。
先週の豪雨の影響が
残っていなければ良いが…。


2015年9月21日月曜日

三ツ峠

【期間】   2015年9月20日
【形態】   岩トレ
【山域】   三つ峠
【ルート】  屏風岩各ルート
【メンバー】 平石(記)、目

記録を見ると2年ぶりな峠、
シルバーウィーク中は中途半端な山域が穴場ですよ。
剣っぽいな

目さんはシルバーウィークは全部仕事とのことで、
土夜発で河口湖湖畔泊でマルチピッチのリハビリ岩トレしてきました。

全部で6ピッチ登り、平石は腰が痛くなったので
最終便(荷物を持って山頂まで登る)を出さず
四季楽園に登り返し、さっさと下山しました。


ルート
・中央カンテ
・リーダーピッチ→T字クラック→3級→3~2級→天狗の踊り場

いずれも懸垂で降りました。

2015年9月19日土曜日

檜原・渋谷区自然の家・2泊


【期間】2015年9月4日(金)~6日(日)
【形態】ハイキング
【山域】奥多摩
【ルート】浅間嶺登山、能、横笛
【メンバー】:横山敏彦、土田慶蔵、小林正弘、秋山重樹、以上OB、大木場守(記)
                   
4日:自然の家・チェックイン

神戸岩の峡谷 15:11
10:00に国立駅を車で出発して矢川駅経由、12:30頃渋谷区自然の家に到着。食堂兼集会場の部屋で途中の魚市場で買ってきた寿司を昼食にする。

昼食後4名はこの食堂で、土田さん指導のもと横笛の練習。
横笛に参加しない小生は14:20頃、神戸(かのと)岩へ見物に向かう。
北秋川の左岸側の道路を神戸の集落へ向かい、神戸川に合流して左折し神戸岩へ向かう。

道路の両側にます釣り場や民宿・キャンプ場などが散在している。
神戸岩はジュラ紀に属し、硬い岩だが長い年月の間に水が削った後なのだろう。

帰りに近くにいた土地のご婦人に鱒を食べられるだろうかと聞いたら、店に尋ねてみたらと言うので一つの鱒釣り場の家に入り、聞いてみると焼くのに20分かかるというので鱒は止めにして、缶ビール1本を購入し歩きながらゴックン。
自然の家から往復1:30だった。 夜は刺身の夕食後、能の練習を見学。