2018年1月16日火曜日

広河原左俣

【期間】   2018113()
【形態】   アイスクライミング
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  広河原左俣
【メンバー】 平石、津田(記)

大寒波が来ている中、広河原左俣に行ってきました。


二股から先、左俣方面はトレースなし。
舟山十字路に何台か停まっていたので、人が入っているかな?と思ったのですが、
皆さんクリスマスルンゼかな?
思ったより降ったみたいで、膝下~所により腰ラッセル。



木に雪がついてもふもふで綺麗だなぁ~なんて思っていたのは最初だけ。
私はこんなに冷え込んだ中でアイスクライミングをするのがはじめてで、
カチンコチンの固い氷に悪戦苦闘です。


早く抜けたい、待たせてるから早くしなきゃ、
って気持ちが焦ると雑になっちゃうって分かりました。
(平石さんに怒られつつもひそかに自己分析してました)


上の大滝は私には逆立ちしても登れないので割愛。
そこから御小屋尾根まで私がルートファインディング。
正解ルートが分からない!
(行き詰って、ロープ出してもらいました。寒かったのに有難うございます。)


この日は左俣に入ったパーティはいなかった様で、
すごーーーーーーーーーく寒かったけれど、
終日貸切のアイスクライミングでした。

2018年1月5日金曜日

北岳

【形態】ピークハント
【山域】南アルプス
【ルート】北岳(池山吊尾根)
【メンバー】平石、吉岡、津田(記)

年末年始は北岳に。

12/29
夜都内⇒奈良田
駐車場はちょうど1台分だけ空いていました。

12/30
15kmの林道歩きはスニーカーで。
ところどころ凍っているものの積雪は無く
吉岡さんが持ってきてくださったコロコロが大活躍。

3時間ほどであるき沢橋の登山口に到着。長かった…


あるき沢橋で冬靴に履き替え、荷物をデポってさっそく急なジグザグの登り。
トラバースとか、ちょっと下るとか、癒しのパートが一切ないのでしんどかったです。
夏には絶対歩きたくないな…


3時間ほど歩き、ちょっと傾斜が緩やかになってきたな、
って思ったところで池山御池小屋が見えてくる。

何となくゴール気分ですが、もうひと頑張り。
翌日の為に小屋から230分登った平地でテント設営。

12/31
6時半頃出発。雲がきれい。


森林限界を超えたあたりから天気予報通りの強風。
風が…痛い…。まつ毛が、凍る…。


強風、明らかに悪化していく天候を考え、ボーコン沢の頭のちょっと先で撤退しました。
先行パーティも続々と撤退していましたし、
お天気はどうしようもないのでしょうがないですね。また来よう。
  

下山中雷鳥が姿を見せてくれてテンションUP
冬毛、真っ白でもふもふでカワイイ!!



テントに戻ってまったりしていると、雪が降り始めてきました。
この日は登ってくる登山者もおらず、紅白をラジオで聞きながら、
年越しそばを頂いて就寝。寝ている間に年を越していました。

1/1
今日は下山のみ。
朝からお雑煮、おせち(手作り!)を頂き、お正月気分に。



テントを撤収し、下山中に樹林帯から富士山とご来光がチラリと。
今年も無事に歩けますように、とお願いしました。


最後の林道歩きはやっぱり長かったです。


西山温泉の不思議な町営温泉で去年からの汗を流して、帰京しました。



平石(記)
雪標ではあまりご縁がない??北岳の冬季登頂を計画しました。
超久しぶりの年越し山行+吉岡さんとの山行。
一応ベースからの登頂となるので若者達?は軽量化無視の食当計画として
生肉生魚生野菜生そばと充実した食生活、吉岡さんのおせちも。
幕場は安定した平らで広々とした樹林帯の中で風もほとんど影響を受けず快適でした。
北岳の登頂は強風のため前進が遅々となりボーコン沢の頭と八本歯の間で撤退を決断しました。
いわゆる第一級の冬の風を体験できたのは津田さんにとって良い体験だったと思います。
そして、下山中に意表をついて現れた冬毛の雷鳥達は寒さや強風をもろともせずに
ひょこひょこ歩く姿に可愛らしさと強さを感じた次第です。
この後、小雪が一日中降る天候となり的確な判断が出来たと思いました。
最終日、帰りの林道歩きから見た荒川出合いの氷、あとで調べたら2ルンゼでした。
あの光景を見たら登りたくなってしまうのはアイスクライマーの性でしょうか。
是非再訪したいと思った次第です。
と、北岳の登頂は出来ませんでしたが色々と心に残る山行でした。
吉岡さん津田さんありがとうございました。

2017年12月11日月曜日

広河原3ルンゼ

【期間】   2017129()
【形態】   アイスクライミング
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  広河原3ルンゼ
【メンバー】 平石、目、津田(記)

広河原3ルンゼに行ってきました。
8時前に舟山十字路出発、トレースはバッチリ。

私は広河原初めてなのでキョロキョロしながら。
これが胎内潜りだよ~右俣だよ~と教えてもらいながら進みます。
意外と本谷が長い。



2ルンゼ入口の滝では先行パーティがチラリと見えました。
3ルンゼに入ったパーティは、関西のクライマーが多かった印象。
関西の人も八ヶ岳まで来るんですね。



今回は目さんが全部リードしてくれました。
有難うございます!



途中の滝を一つ高巻しました。
この日はとにかく寒くて、さらに3ルンゼは風の通り道なのか、
日が陰ると体感-15度くらい?良い耐寒訓練になりました。


三段の滝上の垂直の滝はパスして、
左にある緩い傾斜の滝から上がりました。



そこから阿弥陀南陵のP3まで私の歩行トレ。
教えてもらったことをブツブツ言いながら歩くも、
雪の上歩くのって難しい…練習しなきゃですね。



青ナギでアイゼンを外して、立場山でヘッドランプつけて、
あとはひたすら下って18時ちょっと過ぎに舟山十字路着。

途中見えた諏訪湖の夜景が綺麗でした。

2017年12月7日木曜日

八ヶ岳赤岳鉱泉周辺 撮影山行

【期間】 2017年12月6日(水)~7日(木)
【形態】 縦走・ハイキング
【山域】 八ヶ岳赤岳鉱泉周辺
【ルート】 赤岳鉱泉~行者小屋~文三郎道下部
【メンバー】 恩田(記)
 2年ぶりの冬山、八ヶ岳です。天気は予定どおり快晴で、霧氷の美しい冬山を撮ることができました。


2017年12月6日水曜日

二子山

【期間】   2017年12月3日(日)
【形態】   ハイキング
【山域】   奥秩父
【ルート】  二子山一般道
【メンバー】 堀口(記)、吉岡、目、津田、星OB、他1名

11月の集会に星OBの紹介で山岳会を探していると言う方がお見えになったので、早速お試し山行に行ってきました。場所は、秩父の二子山にしました。雪山でもなく、楽しく歩けて、そこそこ岩稜もあってちょっとした緊張感も味わえる…そんな好条件を持っている山です。ただ歩くだけなので、お気楽な山行です。

関越道高坂Pに8時集合で一路二子山へ。皆野寄居有料道路は、日々延び続け秩父の市街地を一気にパス。二子への道のりがかなり短縮できた感ありありです。途中、コンビニで買い出し&用足し。なんだか12月とは思えないようなポカポカ陽気です。10時チョイ前に駐車場着。既にクライマーと思われる車で林道は飽和状態。ここからは、股峠まで7~8分。アプローチが短いって最高です。せっかくなので東岳に登ってみることにしました。途中1ヶ所鎖場が出てきます。お試しなので、一応ロープをつけて行きます。思いの他ハイカーが大勢登ってきます。6名での団体さんなので渋滞をつくってしましました。皆様ゴメンナサイ。高度感満点の稜線を満喫しつつ、あっという間に東岳山頂着。
しばし絶景を楽しんで、今度は西岳に向かいます。

東岳山頂から西岳山頂に向けて登っている人影が

見え隠れしています。
ここからだと、どこをどう登っていくのか、ルートが読めません。
わくわくしながら股峠へ降りて行きます。

股峠で小休止後、西岳へと向かいます。せっかくロープとハーネスを持参してきたので、迂回ルートを辿らず、直登ルートを楽しむことにしました。目さんと津田ちゃんにロープを張ってもらい、お気楽に、一応スカタット風に登っていきます。手も足も全てガバガバなので安心、安全&お気楽に登っていきます。ナンチャッテ岩登り風の箇所は1ピッチ半くらい。あとは樹林帯の中を踏み跡に導かれながら山頂手前のピークへ。





ここから一旦10メートルほど降りて迂回路との合流点。万が一を想定して一応ロープつけて行きます。こちらも高度感満点の頂稜をしばし楽しんで、西岳山頂着。


ゆっくり休んで360度のパノラマを楽しみ、下降に移ります。西岳からさらに頂稜を進み、少々下ってから二子山の岩場の基部を股峠に戻る道もあるようですが、くたびれたのでUターンし、西岳山頂への迂回路を下降路に使用します。こちらも結構急坂です。一ヶ所バランシーな鎖場も出てきます。あっという間に股峠着。3時チョイ過ぎだったかな?余った行動食をお腹に詰め、短いアプローチを5分ほど満喫し車に戻りました。


追記(津田):
12月とは思えないぽかぽか陽気、アプローチが短いのに、
ちょっと緊張するところもあって、楽しいハイキングでした。
(今回も飛び降りしませんでした)

2017年12月4日月曜日

裏同心ルンゼ

【期間】   2017122()
【形態】   アイスクライミング
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  裏同心ルンゼ
【メンバー】 平石、津田(記)

アイス初めに裏同心に行ってきました。

美濃戸口からの林道を歩いている人が殆どアックス持ちで、
混んでたら嫌だなぁと思っていたのですが、
(自分たちもアイスなのに棚に上げて)
タイミングが良かったのか、幸いにもほぼ待ち無く登れました。


F1は普通に登れる
F2は半分埋まってた
F3は普通に登れる(ちょっと薄い所も?)
F4埋まってた
F5も1/3埋まってた




大同心基部で休憩。
風もなく快晴で、御嶽から北アまでバッチリ見えました。
空の青と樹氷と雪の白のコントラストがとにかくきれい!

硫黄にはいかずに鉱泉に下山。


アイスキャンディオープン前だからか、
赤岳鉱泉は人も少なく、とっても静かでした。


追記:平石

↑津田さん記録ありがとうございます。

昨年と同様の時期に足慣らしとなりました。
美濃戸までの林道は夏道なので快適ドライブ。 

さて、1名美濃戸から堰堤広場までの散歩道でスネが攣ったようでペースあがらず
敗退をよぎりましたが、そこから驚異の挽回、いつも通り1時間半で鉱泉着となりました。

氷飴はまだオープン前なので賑わってません。

日当たり良好なベンチで準備をして裏同心へ向かう。
順番待ちを覚悟していきましたが、1パーティトップロープで遊んでいて、
もうひとパーティーが登攀開始中で、あれ?空いてるじゃんといった感じでした。
その後後続が続々と。

F1はほぼ歩きでしたね。。
F2は90%雪面。。
F3でやっと氷らしいなぁと。
F4はいずこへ。。
F5は高さが無くなっているじゃありませんか。。
津田さんにはロープを出しました。
涸滝の手前の日向で大休止。

その後は大同心基部を忠実に登り大同心稜に出たところで大休止しましたが、
津田さんはそこまでの行程でトラバースなど緊張したそうです。

ところで、大同心稜から広がるパノラマ(北ア、乗鞍、御嶽、中ア、南ア)は
何回来ても素晴らしいですね!

眺めを堪能して、予定の硫黄岳へは行かずに大同心稜を下山しますが
出だしの岩稜帯は津田さんには指示をして慎重に下ってもらいました。
はい、飛び降り禁止令です。
無事?鉱泉まで戻り、装備を解いてサクサク下山して、
明るいうちに車まで戻ってこれました。

ガラガラのもみの湯に入り、ガラガラの中央高速で帰京しました。

あ、左肩の調子は傾斜が緩かったので全く問題なく
その後もまずまずなので何とか今シーズン、4月まで持ってほしいです。