2012年5月27日日曜日

丹沢、ガイドブックにない道を辿る

【年月日】2012/05/26
【形態】尾根歩き
【山域】丹沢
【ルート】蛭ヶ岳

【メンバー】吉岡

早戸川駐車場7:00~8:25取付~(北東尾根)~10:40蛭が岳11:00~
12:00丹沢山12:30~13:10中峰13:25~(北西尾根)~15:15早戸川

今回は、今年最後のスキーに行こうと思っていたのがダメになったので、丹沢のガイドブックに載っていない道を辿る計画を立てた。
登りは、蛭が岳から北東に伸びる尾根道、ここは以前下山道として使ったことがあるので登山口が分かるだろうから安心。下山を何処にするかと、地図を見て検討した結果、丹沢山から宮が瀬に下りる縦走路にある中峰から早戸川に下りる尾根に、道が有りそうと判断した。

下の赤線が予定、青が実際に歩いたルートです。思った通り道がありました。
青色のルートは、谷筋では不正確です。


早戸川の林道を終点まで車で入り、7時に出発する。しばらくは早戸川の大滝(雷滝)への登山道を行く。川の左岸を大きく巻いて早戸川に下りる。滝見物の道としては、かなり荒れていて滝見物のハイカーには、危険だと感じた。
大滝のある沢を過ぎしばらくで尾根に取り付く沢の入口に着く。

枝沢を遡り河原が開けた所で左岸から入ってくる涸れ沢を登ることにする。だが、そこから約1時間藪漕ぎとなってしまった。本来の取り付きは、沢に入ってすぐの所を登るのだった。
尾根に出てからは、明るい広葉樹の道で歩きやすくなる。


video
鳥の声を聞いてください!

さらに高度があがるとぶなの新緑が素晴らしい、丹沢にもブナの林が広がっているので是非見てもらいたい。



蛭が岳の頂上に向かって最後の急登
頂上に着くと、やはり大勢のハイキングの人が来ていました。(見えない所にいる)


蛭が岳から丹沢山まで約1時間、ここにはさらに大勢の人たちが登ってきていました。

丹沢山から宮が瀬方面に下ったところに 鮮やかなピンクのつつじが咲いていました。
中峰に着いて予定した道があるか?探してみると古いテープが木に巻きつけてあり、道らしき跡もあったので予定のコースを下ることに決める。
その道はこんな感じです。
尾根の上部には、頭の赤い杭が打ってありました。
尾根の下部になると道がはっきりしなくなり、所々木に赤いテープが巻きつけてあるのを探しながら下りるようになる。そんな場所で先に下っている人たちが目に入る。8人くらいの若い男女で、追いついて何処から下りてきたのか、尋ねるとどうも雷滝に行くつもりが間違って登ってしまった、ということだった。
最後は予定通りの場所に ドンピシャ到着。

少し時間があったので、竿を出して探ってみたが全くアタリはなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿