2018年4月2日月曜日

赤岳主稜


【期間】   2018331()
【形態】   冬期アルパイン
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  赤岳主稜
【メンバー】 平石、津田(記)

赤岳主稜に行ってきました。




車の中から見た八ヶ岳は雲の中・・・?
とちょっと心配だったのですが、現地に到着すると晴れ。

赤岳山荘までの林道はほとんど雪も氷もありませんでした。
南沢は日陰がつるつる。
こんな道だったっけ?と思いながら行者小屋へ。
テントは3張りくらい。赤岳山荘の車も10台くらいだったし、今日すいてるなぁ…

登攀装備を付けて、取り付きまで文三郎を上がります。
ここが一番きつかった…
取り付きまでのトラバースは、今日は雪が緩かったので問題なし。
凍ってたら絶対怖い。


取り付きで準備をしていたら、
下山中の皆さんに沢山応援して頂きました。

1P目平石さんリード。
2P目津田…が敗退して、平石さんリード。
応援の皆さんに恥ずかしい所を見られてしまった…




そのあと基本は平石さん、大丈夫そうな所は時々私がリードさせてもらったり。
岩はモロモロで、いくつか大きな動くやつもあったので、気を付けて。

15時山頂。さすがに誰もいない。
赤岳に、北峰南峰があるって初めて知りました。


地蔵尾根を下って、行者小屋でアイゼンを外して、
赤岳鉱泉経由で下山。北沢の方がやっぱり早い気が。

この日の八ヶ岳は年度末のせいかガラガラで
快晴で静かに楽しめましたが、
体力とかロープワークとか駐車とか課題も沢山見つかりました。頑張ります! 

帰りの境川PAで乗鞍スキー帰りの吉岡さんにばったり会って、
ビックリでした。

平石(記)

なんとほぼ7年ぶりの主稜でした。
おぼろげな記憶でルート取りがちょっと不安でしたが
人気ルートだけありトレースがしっかりとあり不安は払しょくされました。
しかし、昨年秋からの左肩の故障がアイスでは顕在化しなかったのですが
やはり岩登りとなると違う動作が多数あり
痛みを我慢しながらの登攀となってしまいました。

 ルートは津田さんの記載のとおりで、雪が少なくて岩が露出して少し神経を使う登攀
となりましたが、それも良い経験となったことと思います。

快晴無風の春の赤岳主稜は久しぶりのピークを踏む気持ちの良い山行となりました。

あ、境川!

以上。


0 件のコメント:

コメントを投稿