2018年2月20日火曜日

野猿の岩場C沢


【期間】   2018217()
【形態】   アイスクライミング
【山域】   中央アルプス 太田切川支流
【ルート】  野猿の岩場C
【メンバー】 平石、目、津田(記)

野猿の岩場にアイスに行ってきました。

車を停めた新太田切発電所の前→C沢見える迄徒歩5分。
アプローチ至便。家から駅より近いかも・・・


堰堤の上流から渡れるかな?とうろうろしてみるも水が多くてちょっと難しい感じ。
ヘアピンカーブまで戻って、堰堤の下に回ってアイゼン付けて渡渉。
ちょっと登ったらもう滝の真下。


先行の3人パーティが左にトップロープ張っていたので、右側を拝借。

1P:平石さんリード。
バーチカルだけど半分くらいだけだし、
階段になってるから~って言われたけど、私には難しかった!
テンションかけながらずるずる這い上がりました。



2P目:目さんのリード。
なんでそこにスクリューが必要なのか、とか教えて頂きながら登りました。


3P目:私のリード。
怖いので呪文を唱えながら登る。アイスのリードは怖い。心拍数上がりまくりでした。
途中でスクリュー打ったら水が勢いよくぴゅーって出てくる
というアクシデントがあって苦笑い。


懸垂2回で降りて、1P目にトップロープ張って、練習して終了。

晴れの天気予報が外れ、終日雪がちらついていましたが、
気温はさほど低くなく快適なアイスでした。

記:平石
昨シーズン、目さんといったんですがあんなに顕著な
氷は目につかなかったなぁと思いつつもC沢の立派な氷を対岸から見たときには
感慨深かったです、、そして辿り着くまでには津田さんの記録とおりです。

F1、最初はV級くらいであとはIV+。
短いし階段上でしたがなかなか登り応えがあり、
リードで楽しめるちょうど良いグレード具合でした。

津田さんは大分苦労したようでしたが登ってこられました。
目さんは何気にあっさり登っちゃうんです。

F2は目さんのリード、やはり左足のかかとが上がり気味で見ていて
微妙でしたがバランスが良いので問題なくクリア。

F3は津田さん初リードでアイスのリードの怖さを知ってもらいました。
短いながらも良!、セカンドビレイのセットも割とスムーズでした。

あ、津田さんの車の免許は本物の紙でしたので
車の運転も復習してきてくださいませ。
 どうぞよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿